脂肪燃焼サプリのおすすめは?口コミで人気の市販商品最強ランキング

ダイエットサプリといえば、脂肪燃焼のパワーが効果のカギですよね。そこで、20種類以上の脂肪燃焼成分を紹介、自分に向いてる脂肪燃焼系サプリをスルっと選べるよう情報をまとめました。

脂肪燃焼系のサプリはどれがいい?痩せる仕組みと選び方まとめ

リバウンドしがちで太りやすい、ぽっこり内臓脂肪おなか、中性脂肪も高め・・・。

そんな人におすすめのダイエットサプリが、脂肪燃焼系なんです。

ただ、脂肪燃焼サポート成分はとても数が多く、自分と相性の良いサプリを見つけるのはちょっと大変なんですね。

今まで脂肪燃焼サプリを試して効果が無かった人は、合わない成分だった可能性が大と言えます。

そんな人のために、今度こそ自分向きの脂肪燃焼サプリを選ぶ黄金メソッドを大公開です!

脂肪燃焼系サプリが向いている人

まず、サプリ選びで重要なのは相性です。こんな人こそ脂肪燃焼系サプリがピッタリなんですよ。

  • あまり食べてないのに太っちゃう
  • 20代の頃と比べて体重が大増量
  • 中性脂肪やコレステロール高め

まず、ストレスや冷え、疲れ、運動不足、年齢を重ねたりすると、エネルギー代謝が落ちてしまいます。

本来使うべき栄養が燃やされず、やがてはプヨプヨの脂肪になってしまうんですね。

同時に、内臓脂肪が膨らみ、中性脂肪やコレステロールの値も高くなってしまいます。

食べすぎたわけじゃないのに太っちゃう、不健康という悩みはそのせいなんですね。

そんな人の代謝に着火、燃焼をレスキューするのが脂肪燃焼サプリなんです。

脂肪燃焼系サプリを飲むメリット

しかし、脂肪燃焼を助けるとはどういう事なのでしょうか。具体的なメリットを説明しますね。

  • 食べた糖を脂肪になる前に燃やす!
  • 脂肪を燃やしてダイエットサポート
  • 脂肪燃焼以外のメリットがある事も

脂肪燃焼系サプリの仕組みを簡単に説明すると、エネルギー燃焼を助けるサプリです。

人間は食べたものを分解して糖に、糖を血に乗せて全身の細胞へ運び、燃焼させて体を動かします。

しかしこの糖が余ると、脂肪に変えられ体に溜まってしまうんですね。

燃焼系サプリは血流や細胞のエネルギー代謝を助け、この太るスパイラルをズバッと断つんです。

脂肪燃焼のメカニズムに個性も

そして注目なのが、脂肪燃焼を促すメカニズムが成分やサプリごとに違う点です。

なので、今まで脂肪燃焼サプリを飲んでもダメだった人でも、再トライする価値は大いにアリですよ。

後で20種類以上の脂肪燃焼成分の特徴、自分向きの成分を選ぶ方法も紹介しますね。

脂肪燃焼以外の効果がある成分も

そして脂肪燃焼成分には、ほかの悩みを解消する効果を持つものもあります。

脂肪をつきにくくしたり、体調を整えるなど、一石二鳥の成分も狙い目ですよ。

どのサプリにするか迷ったら、脂肪燃焼以外のメリットから選んでも良いんです。

自分に合う脂肪燃焼サプリの選び方とは?

脂肪燃焼サプリは選び方が大事、という事がなんとなく実感できましたね。

そこで、悩み別のおすすめの脂肪燃焼サプリの選び方を紹介したいと思います。

悩み別のおすすめ脂肪燃焼成分

ほかにも脂肪燃焼成分はたくさんありますが、特におすすめの成分がこの表になります。

お悩みタイプ解消におすすめの成分
脂肪燃焼といえばコレ!基本のメラメラ成分共役リノール酸、L-カルニチンなど
美肌やむくみ取り、血管年齢維持なら抗酸化系葛の花のサプリなど
だるさや疲れが多い時のエナジー燃焼系アンセリンとBCAAなど
カロリーを燃やして体温を高めるポカポカ燃焼型ショウガなど
食べすぎタイプは食用抑制+燃焼成分タイプを防風通聖散など

みんなが知ってる成分から、近年人気の新しいダイエット成分まで様々ですね。

太る原因も様々、その原因に響く成分を選ぶ事が何より大事なんです。

これは代表的なものですが、後ほど20種以上の脂肪燃焼成分の特徴も一挙公開しちゃいます。

脂肪燃焼成分の種類とそのメカニズム

さきほど説明したとおり、脂肪燃焼成分は種類がとっても豊富です。

ここに登場するだけでも20種類以上、効果も性質も様々なんですね。

タイプ別に成分の個性や効果をまとめたので、より自分向きのサプリが欲しい人は要チェックです。

基本のメラメラ系燃焼成分

まず、基本の燃焼系成分です。とにかく全ての脂肪をやっつけたい時におすすめの成分ですね。

中性脂肪やコレステロール対策にも良い成分たちですよ。

成分特徴やメリット
共役リノール酸・体脂肪燃焼をサポート
・脂肪の合成を抑える力も
葛の花・イソフラボンが燃焼サポート
・サポニンによるめぐり向上効果も
・内臓脂肪に効果的
・葛根湯の材料でもある生薬
カフェイン系原料
・生コーヒー豆
・ガラナ
・コラの実など
・中性脂肪とコレステロールを抑える
・脂肪燃焼ホルモン分泌を促す
・ただし過剰摂取にご注意を
コレウス・フォルスコリ・脂肪を分解して燃えやすくする
・食欲を抑える力にも期待
防風通聖散・脂肪燃焼に良い漢方薬
・人によって食欲を抑える力もある
ラズベリーケトン・ラズベリーの香気成分
・脂肪燃焼をサポート
・飲んでも嗅いでも良い
フコキサンチン・カロリーと脂肪を燃焼サポート
・海藻由来の安心な成分
ザンシゲン・海藻のザクロの種成分をMIX
・フコキサンチンとプニカ酸入り
・成分単体より脂肪燃焼力UP
L-カルニチン・細胞での脂肪燃焼を促進
・カルニチンを自分で作れない人は効果大
オルニチン・新陳代謝を高めて脂肪を燃やす
・肝機能をサポートする力も
・エネルギー代謝をUP

基本のメラメラ燃焼成分は種類が多く、選ぶのが大変なカテゴリーでもあります。

その中でもおすすめなのが、共役リノール酸です。

エネルギーを燃やす、脂肪合成を抑える複合パワーでダイエットを助けてくれますよ。

参考:永尾晃治,2009年,機能性脂質によるメタボリックシンドロームの予防・改善に関する研究,日本栄養・食糧学会誌

美容と健康にプラスの脂肪燃焼成分

そして、美肌やむくみ取り、血管年齢ケアができる抗酸化成分入りも良いですね。

成分特徴やメリット
葛の花・イソフラボンが燃焼サポート
・抗酸化成分サポニンでめぐり向上
・中でも内臓脂肪に効果的
・葛根湯の材料でもある生薬
ポリフェノール系成分
・生コーヒー
・カテキン
・サポニンなど
・抗酸化作用を持つ成分
・めぐりを高めて燃焼促進
・むくみ解消にも良い
・シミの予防などエイジングケアにも
α-リポ酸・抗酸化作用で血行と代謝をサポート
アンセリン
カルノシン
イミダゾールペプチド
・血行と脂肪燃焼を促す
・魚が泳ぎ続けるための元気成分
・ダイエットと体力維持に

細胞の酸化は肌や体の老化や代謝の低下を招きます。なので、酸化を食い止める抗酸化成分が良いんです。

血管が元気になれば血のめぐりも良くなり、血液に乗って糖が細胞でガンガン燃やされます。

その結果、溜まった脂肪やむくみが追い出されるんですね。

老化を防ぐ力でシミや動脈硬化の予防など、エイジングケアが叶うメリットもあります。

中でも、おすすめなのが葛の花のサプリです。

血行促進の力が強いサポニン、内臓脂肪を減らすテクトリゲニン類イソフラボンを含むんですね。

美と健康が気になる人なら、葛の花サプリは外せないチョイスと言えます。

元気不足にエナジー燃焼系成分

ほかにも、体がだるくて疲れる、エクササイズしたくても体力が無い人もいますよね。

そんな時は、脂肪を元気に変えてくれるエナジー系脂肪燃焼成分がおすすめです。

成分特徴やメリット
アンセリン
カルノシン
イミダゾールペプチド
・血行と脂肪燃焼をサポート
・魚が泳ぎ続けるための元気成分
・ダイエットと体力維持に
BCAA・運動とセットで代謝を促進
クエン酸・エネルギーと脂肪の代謝をサポート
ピルビン酸塩・脂肪の分解と燃焼を促す
・運動とセットで力を発揮
共役リノール酸・体脂肪燃焼をサポート
・脂肪の合成を抑える力も
L-カルニチン・細胞での脂肪燃焼を促進
・カルニチンを自分で作れない人だと効果大
オルニチン・新陳代謝を高めて脂肪を燃やす
・肝機能をサポートする力も
・エネルギー代謝をUP

中でもアンセリンは魚が泳ぎ続けるために飲む、脂肪を元気に変える持久力成分です。

BCAAやクエン酸などと組み合わせ飲めば、より疲れ取りやエクササイズに効果的ですよ。

参考:上野友哉ほか,2014年,海洋性アンセリンの健康機能,日本食生活学会誌

冷え性にポカポカ型燃焼成分も

いつもひんやり、冷え性の人にはショウガ、トウガラシ系成分がおすすめです。

成分特徴やメリット
カプサイシン
カイエンペッパー
・ポカポカ代謝を促す成分
・脂肪の蓄積も防いでくれる
ショウガ・体温とエネルギー代謝を高める

ポカポカ系成分は体温を上げる作用がありますが、それには脂肪や糖を燃やして熱を作る必要があります。

まさに焚き火ですね。冷え性を楽にしながらダイエットにも役立つんです。

あえて選ぶなら、胃腸への負担が少なく飲みやすいショウガがおすすめですよ。

参考:藤澤史子ほか,2005,ショウガ摂取がヒト体表温に及ぼす影響,日本栄養・食糧学会誌

脂肪燃焼プラス食欲を抑える成分も

ほかにも「つい食べ過ぎちゃうんだよね」という人におすすめなのが、食欲を抑える脂肪燃焼成分です。

成分特徴やメリット
防風通聖散・脂肪燃焼に良い漢方薬
・人によって食欲を抑える力もある
コレウス・フォルスコリ・脂肪を分解して燃えやすくする
・食欲を抑える力にも期待

防風通聖散とコレウス・フォルスコリ、両方おすすめですが、最初に試すなら防風通聖散が良いでしょう。

防風通聖散の食欲抑制の力は飲む人の体質によりますが、結果が出る確率が高いんです。

なんと、実験で33人中16名の食欲が抑制、体重の低下に結びついたんですよ。

食いしん坊な人なら、1回は試してほしいのが防風通聖散なんですね。

参考:伊藤隆ほか,2005年,防風通聖散の減量効果の検討,日東医誌

自分にぴったりの成分を選べば失敗なし

今までダイエットサプリ選びが失敗続きだった人も、自分に向いてそうな成分がわかりましたね。

ぜひ今度こそ、1番自分向きの脂肪燃焼サプリで結果を出しましょう。

海外製の脂肪燃焼サプリにはご用心

最後に、選び方の点でもうひとつ大事なことがあります。

ダイエットサプリを紹介するサイトでは外国産のものをプッシュしてるところも少なくありません。

しかし、選ぶなら国産のサプリがおすすめな理由があるんですね。

脂肪燃焼サプリは国産がおすすめな理由

  • 成分がきつい商品もあるので注意
  • 個人輸入だとトラブル対応が大変
  • 注意書きも外国語だと読みにくい

海外製のサプリは有効成分が多く、しかも値段が安い事がほとんどです。

しかし、安全性の点でちょっと心配が多いんですね。

万が一健康上のトラブルがあっても、英語などの言葉で訴えられる人は多くありません。

パッケージの注意書きも、スラスラ読める人はあまりいないでしょう。

安心や安全を考えるなら、国産の脂肪燃焼サプリがおすすめですよ。

自分に合った脂肪燃焼系サプリで今度こそスリムに

  • 自分向け燃焼成分を選ぶのがコツ
  • 体力ケアや食欲抑制に良い成分も◎
  • 選ぶなら国産のサプリがおすすめ

同じく脂肪燃焼サプリと呼ばれていても、成分次第でメカニズムや作用に違いがあるんですね。

過去に飲んでも効果が無かった、という人でも大丈夫です。

自分にぴったりの自分向け脂肪燃焼サプリを選んだら、結果は全然変わりますよ。

暴食を避けて軽い運動も取り入れながら、3ヶ月くらい脂肪燃焼サプリを続けるのが効果の目安です。

遠くない未来、体重計に乗ったら「おっ!?」という結果が出るはずですよ。

 
ページのトップへ